「夜見山北中学出身の花宮真が誠凛高校バスケ部に入った話」を 1 か月前に完結させました。夜見山北中学のことは原作『Another』を読むとよくわかります。誠凛高校のことは原作『黒子のバスケ』を読むとよくわかります。

更新

# 冠は余らない

もう 1 か月以上もたちましたが、完結しました。昨年 10 月の公開から 11 か月で書き上げたと思えば、私にしては悪くないペースです。そして約 4 年ぶりの完結です。オチありきで書き始めたことが功を奏したと言えるでしょう。

オチは最初から決まっていました。ふと「Another なら死んでた」と花宮真が結びついてしまったので。ギミックの詳細についてはぜひ『Another』を、花宮真と誠凛高校の本来の関係についてはぜひ『黒子のバスケ』を。そんなこんなで舞台も序章も題名も決まったので。

今吉翔一もそんなこんなで芋づる式に登場しました。霧崎第一高校もある種の責任の下に登場させました。花宮真は本来は霧崎第一の選手でした。

心残りはありませんが、プロットより 3 話ほど少なくなりました。機会があれば番外編を出すかもしれません。

読んでくださったみなさん、リアクションをくださったみなさん、どうもありがとうございました。

再度になりますが、夜見山北中学については『Another』を、高校バスケについては『黒子のバスケ』を、ぜひ読んでみてください。どちらも TV アニメ版と劇場版が制作されています。『Another』は小説原作ですが、コミカライズされています。『黒子のバスケ』は漫画原作ですが、スピンオフ小説が出ています。

ちなみに私は『Another』原作者の綾辻行人先生の作品の中では『殺人鬼』と『時計館の殺人』と『黒猫館の殺人』が特に好きです。『黒子のバスケ』の登場人物の中では、花宮真と黒子テツヤが特に好きです。

無効なフォームです。ページの再読み込み、又は外部サービスをお試しください。